2013年08月28日

滅多に無いのですが...

最近はニュースやドキュメンタリー以外にテレビを見る事が少なかったのですが、久しぶりにドラマ2本を見ております。
それが、"あまちゃん"と"半沢直樹"
最後にまともに見たドラマが多分JIN〜最終章〜だったと思うので何年ぶりだろうか?

半沢直樹は"ストーリーに吸い込まれる"と言う感じでしょうか。ふと気がつくと、体が固まったまま凝視しています。演じられている俳優の方々の迫力とストーリーに引き込まれ、番組が終わると充実感があるというか、すっきりした感じになります。
本社編の展開はどうなるのか? 120億円の融資が焦げ付くって凄いな。
拓銀はもっと凄かったってことかな。リアルすぎて怖い。
そういえば、この枠は日曜劇場か... JINもそうだったなと。
昔は東芝日曜劇場って言っていたのが懐かしいです。東芝様には色々と思うところがありますね〜

一方あまちゃんは、仕事があるので最初は第1週の土曜日から見て週1の総集編を見る状態だったのが、今では録画で毎日見ています。
脚本の宮藤官九郎さんのドラマだから見てみようと最初から思っていましたが、見事にはまりました。
1980年代はツボ過ぎます(私とクドカンさんの年齢が近いからでしょうか?)。
"こういう人いる"という人々が多くでているのがどこか共感出来ます。特に北三陸の皆様は。
ヒロインの能年玲奈さんは、顔の表情で感情を凄い細かいところまで表現していて、クドカンさんの面白い脚本も相成って正直かなり引き込まれてしまいました。もう、親心的な見方をしています。尾見としのりさんのような感じかもしれません。まぁ、親にしては私はちょっと若いかもしれませんが...

どちらのドラマも久々にはまりました。たまには良いかもしれません。
posted by ジョイガレ店長 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

紙飛行機の先生

かなりご無沙汰しております。
大それた事ではないのでブログにはあまり書いた事が無いのですが、ここ何年間か紙工作の先生として市内のイベントに呼ばれることがあります。

どちらかというと、町内会とか道の駅のミニイベントといった小規模が多かったのですが、今回はちょっと大きい会場でやることとなりました。


「第26回紙フェスティバル2013」
日にち:2013年9月1日(日)
時 間:10:30〜15:00
会 場:苫小牧市 グランドホテルニュー王子 グランドホール

25団体参加するようです。私は「紙工房とまこまい」という団体名で参加します。
開催名は
「ソラとぶとまチョップ紙ヒコーキ製作・飛行教室」
苫小牧市の公式キャラクター"とまチョップ"を紙飛行機に仕立て上げ、紙フェスティバル特別仕様に材質を変更しています。
とまちょっぷ2013-08-23 08.55.27.jpg

製作後、会場内の飛行空間で飛ばす予定です。隣接する折り紙飛行機の会もありますので、存分に楽しめると思います。
1回の工作教室の定員は20名程度。3回行う予定です。
対照年齢概ね小〜中学生までです(制約は無いので大人でも大丈夫です)。はさみを使うので、小さいお子さんは保護者が付いて下さいますようお願い致します。

ご興味がありましたら是非お越し下さい。

※ちなみにこの飛行機は室内で10m以上の飛行記録があります(ビル会議場内にて)。
posted by ジョイガレ店長 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。