2010年10月20日

水性プラカラー 色の達人にはほど遠く

プラカラー101020.jpg

以前、19年ぶりにプラモデルを作った話を書きました。
この時は元々色付きのモデルで、他はシールで終わらせたのですが、

「後学のために色塗りもおさらいしよう」

と言うことになり、19年ぶりにプラカラーの練習をしております。
趣味でいこうかと思っていたのですが、これ、半分仕事も絡んでいます。
実用になるかはわかりませんが...


ですが... プラカラーって部屋にきつい臭いが充満するんですよ。
大半がシンナーを使っているので。ガンプラを作っていた小学生当時はこの件でよく親に怒られました。

流石にこれではたまらないので、今回はシンナーが無い(極端に少ない)水性カラーで練習しております。

それが上の写真です。

左が日本製(GSIクレイオス Mr.HOBBY)、右がイギリス製(シタデルカラー)。

さて、その性能はいかほどに...
結果が出たら日記に報告します。
ちょっと面白い結果が出るかもしれません。


posted by ジョイガレ店長 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。