2007年03月10日

ノートパソコン 修理する(ThinkPad s30)

 私、仕事柄、コンピュータとは切っても切れない立場にいます。




 イラストを描くことが多い職業なので、マックがメインです。



 でも、色々なお客様と関わるためWindowsもマックと同じくらい使っています。




 そんな中、6年以上使っている愛機ThinkPad s30のUSBポートが壊れてしまいました。



 マウスも刺してもメモリースティックを刺しても反応がおかしい!


 「Windowsが認識できないUSBポートがあります」?


 とやらなんやらで、とにかく認識しない!




 ネットで調べてみると、どうやらこのマシン特有のトラブルらしいことが判明。




 そこで登場したのが「はんだごて」




 私、8年前まで電子機器の設計やプログラミングをやっていて、自分で設計して試作機を自分で作っていたんです。



 当然はんだごてを使えないと試作機が作れません。




 今回久々にはんだごてを持って、修理に励みました。





 どうやったか?


コンピュータを修理したい!


 USB周りの部品の半田を片っ端から付け直し!




 抵抗器・コンデンサー、ICチップ、コネクターから近辺にあるものを全て再はんだしました。



 結果は「治りました」。




 どうしてこのようなことをしたかというと、USBコネクターは常に抜き差しがあるので、物理的力が働きます。



 しょっちゅう続くと、微妙なストレスがかかり、部品の足と基盤とのはんだにクラック(亀裂)が入ることがあります。



 これが故障の原因になります。



 今回、USB機器が認識したりしなかったりしたので、ひょっとしてと思って、はんだ作戦をやってみた結果大成功しました。



 故障原因は2つ考えられます。


 1.5年間に及ぶ機器の抜く差しによるストレスが限界だった
 2.氷点下の中車の中に2日程度報知して急に暖かい部屋の中に入れた

 へたっていたのに、気温変化が大きくなってクラックが発生したのかなと。



 元々設計上無理があった部分らしいので、なるべくしてなったと言えますね。




 で、なんでジョイフルガレージの店長日記に今な事を書いているのかというと...



 
 同じマシンを持っている人に、「こんな修理法があったよ〜」と知って欲しかったからです。




 ネットでも色々調べても、なかなかはんだ作戦をやっている人も少なく、参考にならないかなと思った次第です。



 ただ、この方法には欠点がないわけではなく、


 「はんだ付けに慣れていないと更に故障が広がる」


 という可能性もあります。はんだに自身がある人が自己責任でやって見て下さい。


 あと、故障原因ははんだだけではないことも多いので、良く考えてから作業をしたり修理にだすなりした方が良いかも知れません。



 一風変わった店長日記でした。

 
posted by ジョイガレ店長 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: はんだ付けはんだ付け (soldering) とは、はんだを熱で溶かしたものを一種の接着剤として用いることにより、金属や電子部品を接合する作業のことである。溶接の一種であり、ろう付け (brazing..
Weblog: カテゴリとしてはエレクトロニクス
Tracked: 2007-08-06 05:43


Excerpt: 抵抗器抵抗器(ていこうき)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される受動素子である。電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも..
Weblog: カテゴリとしてはエレクトロニクス
Tracked: 2007-08-06 13:17


Excerpt: はんだごてはんだごて(半田ごて、半田鏝)とは、はんだ付けにおいてはんだおよび接合部分を加熱するために用いる工具。ニクロム線ヒーターやセラミックヒーターを用いた電熱式の製品が大半であるが、電源の無い所で..
Weblog: カテゴリとしてはエレクトロニクス
Tracked: 2007-08-06 14:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。